宝塚

『宝塚GRAPH 2021年9月号』感想

皆様こんにちは、霜柱です。

舞空瞳さんと潤花さんが表紙の『宝塚GRAPH 2021年9月号』を読みました。

個人的に印象に残った・気になった記事などをピックアップして感想を書いていきたいと思います。

感想

表紙&Cover Special 舞空瞳・潤花

オレンジの背景をバックに、同じくオレンジ色のワンピースを着た舞空さん、レモン色に近いワンピースを着たさんが、もう目に飛び込んできます! 夏という感じがします(9月号ですが、発売は8月なのでOK(笑))。
鮮やかでインパクトがありますが、他にも特徴があります。
肩出しだけど袖は手首まである事や、透明なプラスチックの様な襟に花がデザインされている事です。この襟はどうやって付けているのでしょうか? 普通に襟だけ別に付けているのでしょうか?

ページを開くと、黒い背景をバックに舞空さんは白いワンピースを、さんは赤いワンピースを着ています。先程のオレンジのワンピースと違って、クールで大人っぽいです。

花柄の刺繍の衣装を着たポートもあります。とても緻密な柄で、可愛らしい感じです。

舞空さんとさんは同期ですが「表紙撮影ルポ」によると、久しぶりに会ったとの事です。文面を読むだけで、お2人がキャッキャッとしている雰囲気が伝わってきます。
詳しくは書かれてませんが撮影中、笑いが止まらなくなったりもした様です。
お2人とも楽しそう中で撮影を終えられた様で良かったですね。

雪組新トップ 彩風咲奈特集

不器用な者同士、沢山回り道をしたり、高すぎる壁にぶつかる事もあると思う・・・。
でもどんな時も「朝月希和」という娘役さんを尊敬し、信頼しています。

彩風咲奈

いつも真っ直ぐ向いて進んでいかれる咲さん。
そのお姿尊敬しております。

朝月希和

短めの言葉ですが、お互いに信頼・尊敬し合っている事が伝わってきます
お2人の並びを見ると安心感も覚えますね。望海風斗さんと真彩希帆さんという前トップコンビのプレッシャーはあるかもしれませんが、どうか気負わずに舞台に立ってほしいです。

『3人にQuestion』ではまず、1日彩風咲奈さんと入れ替わったらという質問に、朝美潤さんと朝月希和さんは、共に「長い脚」を体験したいと語っています。更に朝美さんは「大階段を何段跨げるか検証し、そのポーズで写真を撮りたい(笑)」という願望があるそう(笑)。
彩風さんの足の長さには確かに見とれます。私も彩風さんの足の長さを体験したい(笑)。

また、彩風さんを動物に例えると、お2人とも「フェレット」と答えています。

私はフェレットを見た事が無いのですが、この様な動物なのですね。
朝美さん曰く「ゆるくて可愛いところもあれば、凄く俊敏に動く所もある」との事。
彩風さんはトークの時はほんわかした雰囲気ですが、ダンスの時になるとキレッキレになります。確かに似ているかもしれません(笑)。

彩風さんと朝美さんが、1日朝月さんと入れ替わったら、「体の反りを体験したい」と語っています。お2人とも朝月さんの身体の柔らかさを絶賛しています。
私は前屈しても、手が地面に届かない程、体が硬いので、朝月さんとも入れ替わってみたいです(笑)。

『てい談』では彩風さん・朝月さん・朝美さんの3名がトークをしていますが、和やかで仲が良い事が誌面上から伝わってきました。
ただ、出だしはいきなり彩風さんが「前の公演が分かれていたから、あーさ(朝美)とはちょっと人見知り状態(笑)」と言って、朝美さんを驚かせていますが(笑)。

「三人でどんな関係性の役を演じてみたい?」では、

彩風:三人共が敵で騙し合う、みたいな。(略)きわちゃん(朝月)は柔和そうに見せかけて一番悪い役。黒幕はこの人!
朝美:じゃあ私は最後、死のうかな。
彩風:私は今まで数々死ぬ役を演じてきたから、生きようかな(笑)。
朝美:そして続編が! 私はもういないけど(笑)。
朝月:死んだかと思いきや・・・というのはどうですか?
朝美:なるほどね!
彩風:(突然)あ!! 私ね、韓国ドラマの「トッケビ」が大好きだからやりたい!!
朝美:急に!?(笑)
彩風:しかもあーさ似合いそう、死神!!

朝月さんは優しそうな役は勿論、気の強い役も演じられます。ですので、悪い朝月さんを是非見たいです(笑)。
私は「トッケビ」を見ていませんが、朝美さんの死神役も見てみたいですね。

新生雪組が楽しみです! 早く『CITY HUNTER』『Fire Fever!』を観たい!

A-Learning 愛月ひかる

愛月さんは色気があって格好良いですが、目を伏せた姿は本当により色っぽく、貴公子という感じです。

愛月さんはトピックで「美」を挙げています。読んでいると愛月さんのご自身の身体に対するストイックさが伝わってきました。

スタイルをキープするために、毎日鏡の前に立っています。(略)“少し体形が崩れたかな・・・”と自覚がある時は、現実を受け止めたくなくても受け止め(笑)、すぐにリセットすることが大切なんです。

身体を絞りたい時期限定ですが、小麦粉を使ったものは食べません。パンやパスタって美味しいので、(略)それでついついカロリーオーバー・・・ということがあるので、私は極力避けるようにします。

・・・私も愛月さんを見習わないといけませんね(笑)。私の場合はパフェやハンバーガーが好きなので、よく食べるのですが・・・。
よし、明日から控えよう(←あっ、絶対に始めないパターンだ)。

彩葉玲央さんからの「もし1日だけ誰かになれるとしたらどなたですか?」という質問には「シメさん(紫苑ゆう)になって白城あやかさんと組みたい!」と熱く答えています。
白城さんに対する熱い想いが伝わってきますね。もし、エリザベートのガラ・コンサートがまた行われるのであれば、是非共演をしてほしいです。

Décor 星風まどか

赤・紫系の色の蝶の髪飾りを付け、照明の効果もあり、やや南国風のポートになっています。

『心震えた瞬間』に、2020年に大劇場で歌った「未来へ」を挙げています。

そういえば、この動画が公開されてから、もう1年が経つのですね。宝塚は少しづつ、以前の様に戻りつつあります。しかし、コロナは一向に収まる気配が無く、非常にもどかしい日々が続いています。
今後も、国や都道府県の指示により、公演が中止、もしくは無観客での上演があるでしょう。
それゆえ、私達ファンにとっては、宝塚の舞台を観られるという事は当たり前の事ではなく、非常にかけがえのない事なんだという事を忘れてはいけませんね。

ZUKA LIVE 和希そら

「好きな時代にタイムスリップできるらしい! どこの国、時代に行って何をしますか?」という質問に「タイムスリップしたくない(笑)。過去や未来に行くのって怖い!」と答えています。
場所移動だけの方が良いとの事なので、和希さんにはどこでもドアを渡したら喜ばれそうです(笑)。

和希さんはご自身の出身地、岡山県の名産品で桃とピオーネ(黒葡萄の一種)を好きなものとして挙げています。
私も桃が好きなので、岡山の桃を食べてみたいです。また、岡山は桃に限らずフルーツが美味しいとの事なので、行く機会があったら行ってみたいです。

全然関係ありませんが、下記の動画でも、岡山県の名産として桃やマスカットが挙げられています。

和希さんがデリシューだと思うスウィーツとして「チューペット」を挙げています。ポッキンアイスとも呼ぶらしいです。和希さんはこれを0カロリーだと思い込んでいるらしいです(笑)。
因みに、私は見た事が無いので、食べた事もありません。

因みに、ジャイアントコーンも好きとの事。

他の質問に対しても結構個性的な答えをした和希さん。2021年12月10日付で雪組に異動します。
宙組からいなくなるのは寂しいですが、ダイナミック且つ滑らかなダンスをする和希さんは雪組でも大活躍する事は間違いないでしょう。

100期の秘密あかします! ~令和の令真探偵~

今回のゲストは、月組の風間柚乃さんです。お2人共輪っかのドレスを着ています。
今まで女装(?)する事が多かったから、この衣装になったとの事。意外にもお2人共似合っています風間さんはちょっと男っぽいですが(笑)。

音楽学校の予科生には、本科生の文化祭を手伝う役割をする「キッズ」というのがあります。初めて聞いた言葉ですね。そういうのがあるとは知りませんでした。
メンバーは、キッズ長が蓮月りらんさん、副キッズ長が朱紫令真さん、他に、希沙薫さん、一之瀬航季さん、きらり杏さん、風間さんの6名。
ただ結構ふざけていて、風間さんは「低燃費少女ハイジ」の動画を見て、同期から怒られたそうです(笑)。

音楽学校の本科生の演劇発表会では、朱紫さんと風間さんは同じクラスで、正塚晴彦先生が担当されました。
ただ、ある日、お稽古が1日休みの時、ORANGE RANGEの「イケナイ太陽」をかけて歌いまくったそう(笑)。

タカラジェンヌもORANGE RANGEを聴くんですね。誰のチョイスだったのでしょうか?
特に風間さんがORANGE RANGEの曲を歌っているのは想像出来ません(笑)。でも風間さんなら歌いこなせそうです。

風間さんは『桜嵐記』で演じた足利尊氏が圧巻でした。あの落ち着きぶりは一体何なのでしょうか? 上級生より貫禄があり、堂々としていました。
今度は『LOVE AND ALL THAT JAZZ』で初のバウ公演主演を果たします。今後の活躍が益々楽しみですね。

おとめタイムズ

凪七瑠海さんから醤油麴の作り方を教わった一之瀬さん。醤油麹は炒め物や納豆など何にでも合うとの事。美味しそうですね。
それにしても、凪七さんは何がきっかけで醤油麹を作ろうと思ったのでしょうか? 醬油麴を作っている凪七さんや一之瀬さんを想像する事は難しいです(笑)。

野菜があまり得意ではない夢白あやさん。ステイホームをきっかけに身体の事を考える機会が増え、出来るだけ野菜を摂る様になったとの事。
野菜を食べるコツは、野菜室に常備して食べざるを得ない状況を作っている様ですが、私ならそのまま食べずに腐らせてしまいそうです(笑)。
それにしても、野菜をあまり食べないで、あのスタイルを保っているなんて・・・。世の中は不公平です。私も野菜はあまり食べてないのに(←一緒にするな)。

次回の宝塚GRAPHの表紙は柚香光さんです。轟悠さんのサヨナラ特集が組まれます。
まさかさんが退団する日が来るなんて、未だに信じられません。

お読み頂き有難うございました。ブログ村に参加しています。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

ABOUT ME
霜柱
神奈川県在住の30代。ハードロック/ヘヴィメタル(特にメロハー・メロスピ・メロパワ・シンフォニック)と宝塚(全組観劇派)が好きです。 ツイッターも行っており、気儘に呟いています。