宝塚

『宝塚GRAPH 2021年10月号』感想

皆様こんにちは、霜柱です。

柚香光さんが表紙の『宝塚GRAPH 2021年10月号』を購入しました。

今回も私が個人的に、印象に残った記事・気になった記事などをピックアップして、感想を書いていきます。

感想

表紙&Cover Special 柚香光

もう書店でパッと見た時から「何て格好良くて素敵なんだろう」と思い、すぐ手に取ってレジに行きました(笑)。

黒いレザーと赤い洋服で柚香さんがキメています。太めのベルトも似合っており、ご本人が言っている通りかなり攻めたポートですね。
この衣装が良いのは勿論ですが、目もいつもより輝いていると思います。この目を見ていると吸い込まれそうな気持ちになりそうです。

次はグレーのジャケットを羽織っているポートです。表紙の衣装とは違って、シックで落ち着いた雰囲気に仕上がっています。
流し目をしているのがポイントですね。

その次はグリーンのロングシャツを着ているポートです。ロングシャツの下の方がなびいているので、動きのある仕上がりになっていると思います。
このロングシャツは地面に近い位の長さがあります。ですので歩く時汚さない様に気を付けないといけないですね(笑)。ただ、それ以前に、このロングシャツは着こなすのが難しそうな気がします。

どのポートも柚香さんの格好良さと美しさが共存していて魅力的です。

サヨナラトーク 轟悠・汝鳥伶・一樹千尋・悠真倫

座談会が始まったばかりで、悠真さんがもう泣きだしたのが、失礼ながら笑ってしまいました。しかし、その分さんに対しての思いが伝わってきました。

また、この4名だからこそ面白いトーク内容でしたし、中には「昔の宝塚って、そういう事もしていたんだ!」と驚く様な事も書いてありました。

汝鳥:初舞台の時なんかでも、組回りして新芸座にでて帝国劇場の美空ひばりさんの公演に出演して、研2で組配属だったから本当に色んな経験させてもらったの。
一樹:私は初舞台の後、バンビーズというテレビのお仕事をしていたので、戻ったのは研2の終わりぐらいでした。

まだ新人の頃とはいえ、汝鳥さんが美空ひばりさんと共演していたとはビックリです。映像残っていないかな(笑)?
一樹さんはテレビ出演をしていたようですし(これも映像ないかな?、笑)、最初は宝塚での舞台以外の仕事も積極的にやっていた様ですね。
今でも稀に外部の舞台やテレビ出演はありますが、ここまで積極的ではないです。宝塚も時代に合わせてアピールしているのでしょう。

遅くなってしまいましたが、さん、ご卒業本当におめでとうございます。

K-Learning 月城かなと

アクセサリーの欄では、望海風斗さんから形見分けとして頂いたカフスが載っています。月城さんは望海さんを尊敬して追いかけていたとの事。
また、カフスの入れ物に望海さんが、付箋に小学生の様な字で(失礼!)、「れーこ」と書いて貼ってます。ちょっと可愛らしいです(笑)。

TOPICでは昔の宝塚の作品に嵌っており、スカイステージで結構観ているとの事です。

『レヴュー誕生』『Cocktail』『Apasionado!!』『ダンディズム!』『ル・ポァゾン 愛の媚薬』『BLUE・MOON・BLUE -月明かりの赤い花-』『タカラヅカ・ドリーム・キングダム』『忠臣蔵』などを挙げています。

私はビデオで見ただけですが。この中でも『BLUE・MOON・BLUE -月明かりの赤い花-』を挙げてくれたのは嬉しいです。
真琴つばささんや紫吹淳さんがとても格好良い!。それだけでなくTHE ALFEEの高見沢俊彦さんが提供して下さったENDLESS DREAM」という曲が本当に素晴らしいのです。
月城さんもこのショーが好きとの事なので、再演してくれないでしょうか?

Décor 朝月希和

黒い帽子と黒い衣装の姿は、美しい淑女の様です。凛とした表情の中に真っ直ぐな目が印象に残ります。
本当に朝月さんは、多彩な表情が出来る方ですね。

「思入れのある髪型」に『fff-フォルティッシッシモ-』で演じたエレオノーレ・フォン・ブロイニング(ロールヘン)を挙げています。
母性を感じる温かさを髪型でも表現できたらと述べています。

確かにロールヘンの役は朝月さんにピッタリでした。母性のある役を演じさせたら、現時点の各組のトップ娘役で1番上手く表現出来ると思います。

ZUKA LIVE 永久輝せあ

「1日だけ舞台関係者で違うポジションと入れ替わるとしたらどこですか」という質問には、「照明さんになって、スポットを当ててみたいです!」と答えています。
スポットライトを操っている永久輝さん・・・素敵ですね(笑)。

意外だったのが永久輝さんはウイスキーが好きと言う事です。全くお酒を飲まなさそうな感じがしたのでビックリしました。
因みに「スモーキーでクセが強くて薬っぽ~いものが好きなんです」との事。好きな銘柄はタリスカーとの事。

私自身は全然お酒を飲まないので、好きなお酒の味や銘柄をスラスラと答えられる人を、少し格好良く感じるのです。
いえ、永久輝さんの場合は「少し」ではなく「とても」ですよ(笑)。

また、沖縄そばが好きになって、カップ麺を見つけたら絶対に買っているとの事。

私はあまりカップ麺を頂かないのもありますが、近所のコンビニやスーパーでは見かけた事が無い気がします。

永久輝さんの意外な面が見れた内容で面白かったです。

雪組アンケート! MY BEST 彩風咲奈

「PART.1 彩風さんのここにグッとくる!」では千風カレンさんの回答にビックリしました!

千風:稽古場で隣に座っていて、急にドSを発揮する瞬間。先日は首にスカーフを巻いていたらグッと引っぱられ「のりえ(千風・・・」と言われました(笑)。
彩風:のりえがドMだからだよ(笑)。カレンさん(千風)はそういうことをされるのがお好きなんです(笑)。

なかなかお茶目ですね(笑)。他の娘役にもドSを発揮しているのでしょうか(笑)?

「PART.3 こんな彩風咲奈を見てみたい♡」のトップ3はパイロット、ファッションモデル、ギャルソンでした。それぞれ扮装をしていますが、パイロット姿が断トツにお似合いです! もし空港で歩いていたら、間違いなく目が行くでしょう。

その他の回答で面白かったのは、「峰不二子」と回答している久城あすさん、「自堕落な生活をしている少し前の日本の小説家」と回答している桜路薫さんです。

峰不二子の扮装をしている彩風さん・・・スタイルは間違いなく良いでしょうが、峰不二子の色気を出せるかは別問題になりそうな気がします(笑)。
桜路さんは随分具体的な回答をしていますが、もしかしたら、少し前の日本の小説に嵌っている最中なのでしょうか?

雪組の充実さ・仲の良さが伝わってくる記事でした。

トークDX 真風涼帆x芹香斗亜

今回の大劇場作品『シャーロック・ホームズ』の演出家は生田大和先生、『Délicieux』は野口幸作先生です。真風さんと芹香さんのトークから、お2人の先生方が作品に対して、とても拘っている事が伝わってきました。

真風:戦いが終わってラストの駅のシーンは、余韻が残る粋な終わり方だよね。生田先生こだわりの…ね。
芹香:お稽古場では「ここで、こう!」って先生ばかりが演じるんですよ!(笑) 私は長椅子に座って「ふんふん」って頷きつつ、「私にもさせてよ!」っていう(笑)。

芹香:小道具にしても何にしても、野口先生の細部にわたるこだわりに「やられた~!」って思うんですよね。「構想何年ですか?」と聞きたくなるくらい。

『シャーロック・ホームズ』では、ちょっとコミカルな真風さんとサイコパスな芹香さんが観られたのが良かったです。
また、『Délicieux』は観ているとお腹が空いてくるようなショーでした。どちらもそれぞれの面白さと特徴を備えた作品だと思います。

100期の秘密あかします! ~令和の令真探偵~

今月号のゲストは音くり寿さんです。

さんの「いずみちゃん」というお人形の話が面白かったです。名前だけ聞くと可愛らしそうな感じがしますね。
外国の赤ちゃんの形をしたお人形で、さんは幼い頃から持っていて愛着を持っているのですが、同室の朱紫令真さんはそのお人形を怖がっていたとの事です(笑)。

動物ならまだしも人の形をした人形は、人によっては絶対に受け付ける事が出来ないでしょう。私も実を言うと人形はあまり得意ではないので、購入はしませんし、家にも絶対に置きません(笑)。

来月号の表紙は彩風咲奈さんです。
『CITY HUNTER』『Fire Fever!』が現在、東京宝塚劇場で上演しています。私も今月に行くので作品は勿論、新生雪組がどうなっているか楽しみです。

お読み頂き有難うございました。ブログ村に参加しています。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

ABOUT ME
霜柱
神奈川県在住の30代。ハードロック/ヘヴィメタル(特にメロハー・メロスピ・メロパワ・シンフォニック)と宝塚(全組観劇派)が好きです。 ツイッターも行っており、気儘に呟いています。